スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな営業電話に迷惑をしています

1か月ぶりの更新です。
今回は、最近多い営業電話について書いてみたいと思います。

電話の取次ぎをする中で、営業電話についての対応はどの電話代行会社も
苦慮していると思います。

クライアント様からは、ほとんどの営業電話はお断りをする様に指示をされていますので、
入電があった際には、丁重にお断りを致します。
私たちはクライアント様に成り代わって対応していますので、
適当にあしらう事が出来ません。

一方で、営業電話をかけてくる会社は必死です。
説明をする間もなく電話を切られてしまうこともあるので、
きっかけを掴むのに必死です。

私たちは、クライアント様の指示に従うため、どんなに尽くしても
結局はお断りをするしかありません。
横柄な対応であっても、丁重にお断りをします。

しかし、最近の営業電話の中には断る事を許さないものがあるのです。
「上司に指示により、営業のお電話はお断りをする様に言われております。」
「申し訳ございませんが、遠慮をさせてください。」
と丁寧に伝えると、
「まだ何も話をしていないのに何で断るのですか?」
「お断りをする理由を説明してもらえませんか?」
とこちらに追及をしてくるのです。

何度も繰り返しお断りの意思表示をするのですが、
引き下がりません。
そして、
「恐れ入りますが、もう一度会社名とお名前に部署名を聞かせていただけませんか?」
とこちら側が尋ねるといきなり何も言わずに電話を切ってしまいます。

こんな営業電話も増えています。
「社長をお願いします。」
とかかってくるので、
「○○は外出しておりますが、どの様なご用件ですか?」
と聞くと、
「社長に直接お話をするので、お伝えできません。」
と返してきます。
明らかに営業電話とわかるものでしたので、
「営業電話でしたら社長よりお断りをする様に言われておりますので、
申し訳ございませんが、お断りをさせてください。」
「もし御用がございましたら、ご用件を聞くように言われております。」
と言うと、
「社長に直接お話があります。まだ私は何も話をしていないのに、
何で断るのですか?」
と逆に責めてきます。

電話代行会社は、万一重要なお客様からのお電話を断ってはいけませんので、
営業電話か判断がつかない場合は、すべて通常対応をします。
しかし、明らかに営業と判断した場合はこの様に断るのですが、
最近の営業電話は、断る事を簡単に許してくれなくなっているのです。
そして立場が悪くなると感じたら、ガチャンと電話を切って逃げてしまいます。

この様な対応を続けることは、その会社のイメージダウンに繋がるでしょう。
強引な営業電話で利益を上積み出来たとしても、それ以上に失うものの方が大きいのではないかと
思うのです。

そして、営業電話に応対をしている事で、大事な時間が奪われています。
彼らの対応を見ていると、大事な時間を奪っているという意識が薄いと感じざるを得ません。

悪質な営業電話を取り上げましたが、
同じ営業電話でも、銀行やNTTなど大手の一流会社の営業電話は品のあるものです。
企業ブランドイメージを壊さない対応をしています。

対して、一部の会社は本当に印象の悪いもので、断っても断ってもかけ続けてきます。
そして話を聞こうとしないこちらに文句を言うのです。
それでもプロ意識を忘れずに、辛抱強く、丁寧にお断りをしていくのが
弊社のスタッフです。

■関連情報
1.迷惑な営業電話を止めさせる方法
http://cute.cd/sakimono/refuse.html
2.法律に見る電話勧誘の規制
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/6533/essay/tel_law.html
3.営業電話をかける側の工夫
「受付突破のコツ!営業電話と思わせないこと」
http://www.btobmarketing.jp/column/page_20110921091309
関連記事

テーマ : 電話代行に関すること
ジャンル : ビジネス

プロフィール

denwadaikou

Author:denwadaikou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。