スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違い易い言葉遣い

この度の震災で被災された方に、心からお見舞いを申し上げます。
日本復興の為に、出来る事を精一杯取り組んで参りたいと思います。

電話代行において、言葉遣いが大切である事は言うまでもありません。
実は、電話のオペレーターでもうっかり間違い易い言葉遣いについて
お話をしたいと思います。

「下さい」は比較的良く使われる言葉です。
「下さい」とも「ください」とも書きますが、
この違いわかりますか?

「ください」と仮名で書く場合、補助動詞となります。
補助動詞とは動詞を補助する言葉ですので、
丁寧に何かをお願いする場合や、敬意を表す場合などに使います。
例えば、「お金を貸してください。」は「貸して」というお願いを
丁寧にしている事になります。
「お飲みください。」などは、「飲む」行為を丁寧にお願いしている事
になります。

「下さい」と漢字で書く場合は、実質動詞となります。
実質動詞とは、その言葉自体が動詞の役割を果たしている言葉です。
「クレ」「頂戴」という様に、与えてもらう事を要求する際に使う言葉を
丁寧にしたものです。
例えば、「飲み物を下さい。」はズバリ「頂戴」という意味で、
それを丁寧に書き記したものです。

簡単に言うと、「ください」がpleaseで「下さい」がgiveに
あたります。

では、先程の「お金を貸してください。」が
「お金を貸して下さい。」になった場合はどうでしょう。
お金を貸した上でクレ!という事になるのでしょうか。
さっきとは全く意味合いが違います。

日本語は本当に難しいですね。
詳しくは、社団法人日本広報協会サイト内の
「下さい」と「ください」の使い分けに書いてありますので、ご参考にして下さい。

一つ一つの言葉を大切にする電話代行をお探しの方にお勧めします。
電話代行の中沢商会 | 東京でお得な電話代行サービスをお探しの方!

まだまだ間違いやすい言葉遣いが沢山ありますので、
次の機会にご紹介をします。


関連記事

テーマ : 知っておいて損はない!!
ジャンル : ビジネス

プロフィール

denwadaikou

Author:denwadaikou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。