スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話代行サービスの選び方

 新年明けましておめでとうございます。
本年も電話代行やレンタルオフィスに関する記事を書いていきたいと思います。
宜しくお願い申し上げます。

 今回は電話代行の選び方について述べたいと思います。
幾つかのポイントに絞って説明を致します。

1.料金システム
コール数に応じた従量課金制度を採用している会社と、
コールに関係なく課金される定額制を採用している会社とあります。
オプションサービスについては別途請求される場合と、
サービスパックに込みになっている場合があります。

2.入電のルート
貴社にかかってきた電話を転送し秘書代行会社で受ける方法と、
専用電話番号を貸与し、秘書代行会社で受ける方法があります。

3.電話の応対
貴社名で応対するのと「もしもし」と電話に出る方法があります。
担当者から折り返しをご案内するなど一次対応をする会社と、
想定問答集を用意し、決め細やかに対応をする会社があります。

4.オペレーションの時間帯
9:00~18:00、10:00~18:00、9:00~17:00、9:00~21:00、
或いは24時間対応など、会社によって異なります。

5.業務報告の仕方
概ねメール報告になりますが、携帯電話に着信を残したり、
電話で口頭で直接報告をするサービスもあります。
1日の入電内容をまとめてFAX報告する会社もあります。

6.住所貸しの有無
電話秘書代行に加えて、住所貸しサービスを提供している会社があります。
両方のサービスの活用で、バーチャルオフィスを持つ事が出来ます。
住所貸しは、会社登記が出来る場合もあるので、起業される方にとって
重宝されています。

 以上、ポイントを絞って説明を致しました。
用途や予算によって最適なサービスを見つける事が重要です。
 うまく活用する事で貴社の売上に貢献出来る場合もありますし、
逆にチャンスロスに繋がるリスクもあります。
 ひとつの会社だけではなく、様々な会社のサービス内容と料金を比較し、
慎重に電話代行会社を選びましょう。

「電話代行安心パック」さえあれば十分!お得な電話代行サービスはこちら
関連記事

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

プロフィール

denwadaikou

Author:denwadaikou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。