スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

執拗な営業電話にどう対応する?

またまた営業電話のお話です。

営業電話の話が続きますが、決して営業電話自体を否定しているわけでは
ありませんので、ご承知おき下さい。

営業電話でも丁重にお断りをすると、相手も丁重にお時間をとらせてしまった
お詫びとともに電話を切る会社がほとんどですが、
中には何度も電話をかけ続けてくる会社もあります。

困るのが、営業電話である事をなかなか明示しない会社がある事です。
「営業ですか?」
と尋ねても
「ご案内のお電話です。」
と切り返してきます。

「営業のお電話でしたら、お断りさせていただきたいのですが・・・」
と伝えても
「ご案内のお電話ですから・・」
と引き下がってくれません。

ご家庭にかかってきた場合は、
ここで「ガシャン」と電話を切る方が多いと思いますが、
私たち秘書代行のスタッフは会員様の顔として対応をしますので、
そういう訳にはいきません。

「上の者から申し付かっておりますので、お断りをさせて下さい。」
と相手が引き下がるまで根気良く説得をします。

限度を越えた執拗な営業電話にはどう対処したら良いか?
方法を調べました。

すると、特定商取引に関する法律の第4節第十七条にこんなくだりがありました。
第17条 販売業者又は役務提供事業者は、電話勧誘販売に係る売買契約
又は役務提供契約を締結しない旨の意思を表示した者に対し、
当該売買契約又は当該役務提供契約の締結について勧誘をしてはならない。

「契約する意思の無い人に勧誘をしてはならない。」事が明記されています。
そうです!執拗な営業電話には、ハッキリと断れば良いのです。

拍子抜けをされた方がいるかと思いますが、
特定商取引に関する法律を知っている事が大変重要なのです。

ハッキリと意思表示をしても執拗に営業トークを続ける事は、
法律に違反します。
「特定商取引法に違反しますよ!」と伝えれば、相手はかなり驚くと思います。
最近、罰則規定も強化された様ですので、その効果も大いに期待出来るでしょう。

しかし私達は「特定商取引法に違反しますよ!」とは決して言いません。
粘る強く、丁重にお断りをします。
会員様の顔としての意識を持ち続けながら・・・

会員様の顔としてどんな時も丁重な対応を心がける電話代行サービスはこちら





関連記事

テーマ : 知っておいて損はない!!
ジャンル : ビジネス

プロフィール

denwadaikou

Author:denwadaikou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。