スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の営業電話について

今日は、営業電話についてお話をしたいと思います。

電話受付業務をしていると営業電話を受ける事が沢山あります。
マンション販売やお墓のご案内、電話加入のご案内、コピー機のリースなど
様々な営業電話を受けます。

営業電話は皆さんどの様に対応をされるでしょうか。
ご家庭ですと、「今忙しいから」と直ぐ電話を切られる方がいらっしゃると思います。

秘書代行では、会員様の顔として対応を致しますので、
営業電話といえども丁重に対応を致します。

執拗な営業電話でも丁重に対応をする電話代行業務の流れはこちら

最近は、営業電話とはわかり難いようなご案内をされる会社が増えて参りました。
あたかも契約をしているが如く、「請求内容の確認をさせていただきたいのですが・・」
という切り口で入り込みます。
よくよくお話を聞いていると別の料金プランへの加入の勧めなので、
丁重に「営業のお電話でしたらご遠慮を申し上げたいのですが・・」
と相手に伝えても、
「営業ではなく、ご案内のお電話ですから・・」
と引き下がってくれません。

この様に、丁重にお断りをしても執拗に食い下がってくる営業電話もあります。
もっと強烈な印象を受けたのが、
「ご遠慮申し上げたいのですが・・」
と意思表示をすると、
「本当に聞かなくていいんですか?」
と開き直った口調で言い返してくる営業電話です。

彼らも営業のアポイントをとる為に必至なのは良くわかります。
歩合制であったり、成果報酬制であれば尚更です。

しかし、明らかに相手の印象を悪くする対応が、
その会社のブランド価値を下げている事に気が付いていないのは
とても残念な気が致します。

自社の印象を悪くさせない様なご案内の仕方で営業の成果を上げる事が
大切だと思うのですが、なかなか難しいのでしょうか。

まだまだ凄い営業電話は沢山あります。
セールストークもどんどん巧妙になっています。
また機会がありましたら、営業電話の事例をご紹介したと思います。


関連記事

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

プロフィール

denwadaikou

Author:denwadaikou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。