スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社の銀行口座を開設する。

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

バーチャルオフィスを利用していても銀行口座を開設出来るかどうか心配な方が
いらっしゃると思います。
住所貸しを利用している立場なら尚更です。
そこで、法人名義の銀行口座を開設する手続きについてご説明致します。

1.開設の準備をする。
まずは会社登記を済ませなければなりません。
登記簿謄本と会社の印鑑証明書を用意しましょう。

2.金融機関を選択する。
(1)都市銀行
大都市圏に営業基盤を置いています。知名度は抜群で、社会的信用力も群を抜いています。
主に大企業を相手に取引をしています。
(2)地方銀行
地方都市に営業基盤を置いています。地域密着型で、その地域の地場産業にも深い理解を示しています。
主に中小企業を取引相手としています。
(3)信用金庫
一定の地域において、小額の出資をした会員で構成する協同組織です。
全国的な知名度はありませんが、地域に根ざしたサービスが特徴です。
(4)信用組合
地域の企業や個人で構成された協同組織です。
融資対象は組合員のみとなりますが、比較的融資が受けやすいのが特徴です。
(5)ネット銀行
ジャパンネット銀行などが有名です。
インターネットを利用した即時決済など、利便性に特徴があります。

3.メインバンクを選ぶ
社会的な信用力を重視するか、利便性を重視するか、地域に根ざした金融機関を重視するか、
判断に迷います。
それぞれ特徴がありますが、何かあった際にも親身に接してくれる金融機関を選んでおくと安心でしょう。

4.開設の手続きをする。
(1)準備するもの
実際にどれを提出するか状況によって異なりますが、
以下のものを用意しておいた方が良いでしょう。
・会社登記簿謄本
・会社定款
・印鑑(銀行印に使用するもの。)
・会社印鑑証明書
・会社実印
・代表者の身分証明書
(2)口座開設申込書を提出する
申込書を提出する際に、質問をされる場合があります。
最近、不正に銀行口座を利用する事例が増えており、
銀行側も慎重に対応しています。
会社の実態があるかどうか、表札が出ているかどうかを確認する場合もあります。
今後末永く付き合っていく上で、とても重要です。
正直に、誠実に対応すれば問題ありません。

以上、銀行口座を開設する流れを説明致しました。
バーチャルオフィスを利用している場合、
事前に事業者に連絡を入れておいた方が無難でしょう。
表札の準備や、接客応対の準備を整えてくれると思います。

法人名義の銀行口座開設にも対応出来る住所貸しはこちら

スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

プロフィール

denwadaikou

Author:denwadaikou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。