スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライバシー情報と営業電話

今回も営業電話についてお話をしたいと思います。

電話代行の仕事では、お客様の入電以外にも多くの営業電話に応対をしなければなりません。
以前のエントリー【最近の営業電話について】でご紹介をしましたが、
話術が段々と巧妙化しています。

営業電話と言えば、「一体どこから自分達の電話番号を入手しているの?」と
疑問を持った事は必ずあると思います。
名簿屋などという稼業を聞いた事がある方がいるかと思いますが、
通信販売の購入者や、マンションの購入者、或いは個人情報流出などのニュースにある様に、
企業からの流出情報などの顧客リストが、名簿屋と呼ばれる情報販売で売買されているのは
有名な話です。
※同窓会名簿なども取引されているようです。

私たちが営業電話をかけてきた会社に、どこから情報を入手したかを尋ねると、
概ね電話帳を見てお電話しましたと答えます。
当然の事ながら個人情報が取引されているなどという話は絶対にしません。

プライバシー情報の取り扱いには敏感になっているご時世ですが、
実は、プライバシー情報を活用する事を公言している会社も存在します。

某激安OA機器販売会社のチラシにこんな一文が小さく書いてありました。
「お申し込みにあたりご記入いただいた情報は、
弊社の関連会社に提供し、お客様にサービスのご案内等を差し上げる際の
情報として活用をする場合がございます。
個人情報に関するお問い合わせは、○○までご連絡下さい。」

ごく小さい文字で書かれているので、よく読まないと気が付きませんが、
関連会社が転用する事の同意が求められています。
(注)全く無関係の第三者に情報が流れる事はありません。
具体的な会社名が記載されている場合もありますが、
関連会社というのはどうにも気になるところです。
この関連会社は、OA機器のリース会社でした。

弊社の会員様宛てにこんな営業電話がかかってきました。
「今お使いの○○メーカーのFAXの調子は如何ですか?
もっと経費削減になるプランをご提案したいのですが。」
「・・・・・」
しばし唖然としました。
何故○○メーカーのFAXを使っている事を知っているのかを疑問に思い、
「御社とご契約をしているのでしょうか。」
と尋ねると、
「いいえ、契約はございません。」
と答えるのです。

どこで調べたのだろうとずっと疑問に思っていたのですが、
前述のチラシを見た時に、その疑問が氷解したのでした。

私たちが気付かないうちにプライバシー情報転用の同意を求められている・・・
もっともこのチラシでは、希望小売価格の80%オフでOA機器が販売されてますので、
関連会社が情報を利用する程度ならいいかなと考えてしまいました。

プライバシー情報の保護が求められる時代だからこそ、
この様に同意を求める記述があるのであり、それ自体は決して悪いものではありません。
プライバシー情報は、全てが相手の会社の中だけで厳重に保護されているわけではないのです。

今回は、電話代行の業務を通じて学んだ、営業電話とプライバシー情報についてご紹介致しました。
スポンサーサイト

テーマ : 知っておいて損はない!!
ジャンル : ビジネス

プロフィール

denwadaikou

Author:denwadaikou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。