スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話代行における話し方の工夫

電話代行のオペレーターはどんな話し方をしているかご紹介したいと思います。

電話応対において敬語の使用は基本になりますが、
会員様によっては対応を変える場合があります。

例えば「左様でございますか」という言い回しがあります。
これは、ビジネスシーンにおいても良く用いられる言葉です。
秘書業務においても当然使われます。
しかし全ての会員様の入電において用いるのは適切ではありません。

例えば、八百屋さんで「左様でございますか」という言葉を使われると
とても丁寧な印象を受けますが、若干違和感があると思います。
堅苦しいといった印象でしょうか。

丁寧な言葉遣いは間違いが無く、決して悪い印象を与えるものでは
ありません。
むしろ好感を持っていただけるケースの方が圧倒的に多いと言えるでしょう。

では、何故電話秘書業務において会員様によって対応を変える説明をしますと、
会員様のお得意様やお客様に電話代行を使っているのではないか?という
印象を与えてはならないからです。

通販などのカスタマーセンターに問い合わせをした方は
経験があると思いますが、画一的な対応をされると
何となくオペレーションセンターに繋がっているなと
感じるかと思います。

私達はこの様な事も想定しながら、あくまでも自然で、
会員様の顔として電話をかけた方に好感を持たれる対応を
心がけています。

丁寧ね対応や堅苦しいと思われる対応も電話応対のマナーとして
大切です。
しかし、決して違和感を与えない様に、状況によって臨機応変に
対応をする場合もあるという事を今回はご紹介致しました。


スポンサーサイト

テーマ : お仕事日記
ジャンル : ビジネス

プロフィール

denwadaikou

Author:denwadaikou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。